名入れを超える、オリジナルボックスティッシュ通信販売サイト:宝箱

データ作成上の注意事項

入稿前データチェック!

  • 弊社指定のテンプレートで作成されましたか?
  • 保存時のバージョンチェックはお済みですか?
  • カラーモードはCMYKになってますか?
  • リッチブラックは280%以内になっていますか?
  • データのアウトライン化は済んでますか?
  • 画像データはEPS or PSD形式で圧縮データに同梱されていますか?
  • 圧縮したデータを一度解凍して確認しましたか?

1. Adobe Illustratorで制作する場合の注意点

対応バージョン Illustrator CC (Creative Cloud)まで

弊社ではIllustrator CCにてデータチェックを行っております。
保存時は作成されたバージョンで保存してください。

CC 2014データでのご入稿だった場合、再入稿をご依頼することとなります。
CC 2014をご使用のお客様はバージョンをCCへ保存形式を下げて保存してください。

保存形式はaiまたはepsで保存ください。
圧縮形式はzipでお願いいたします。

データは正常に圧縮されているかご確認ください。また、圧縮データが正常に解凍されるかまでご確認いただけますと確実です。

使用するテンプレートは必ず当社指定のものをご利用ください。

弊社でご用意しておりますテンプレートをご利用いただき、
必ず原寸サイズでのデータ制作をお願いいたします。

各デザインテンプレートは下記よりダウンロード後、ご利用ください。

デザインテンプレートはこちら

データ編集時は必ずカラーモードをCMYKに変換して制作・確認をお願いいたします。

入稿データがRGBカラーの場合、CMYKカラーに変換し印刷いたします。
その際、モニター上での色と印刷した際の色の表現が大きく変わる場合がございます。

必ず制作時のカラーモードはCMYKにて制作し、使用色のカラー指定もCMYKになっているかご確認下さい。
当方ではこの場合、責任を負いかねますので充分にご注意ください。

CMYKの合計値は必ず280%以内に収めてください。

カラー設定にてCMYKの合計数値が280%を超えるとインクが乾かず裏うつりの原因となります。
リッチブラックや色の濃いものを使用する場合などは値にご注意ください。

入稿前に必ずテキストデータがアウトライン化されているか確認して下さい。

テキストは必ずアウトライン化をお願いいたします。文字化けなど不具合の原因となります。

画像をリンクされた場合は必ず入稿データ内に画像データが入っているか確認して下さい。

画像を使用されており、レイアウト上でリンクされている場合、
使用しているIllustratorデータがはいっているフォルダ(ご入稿用)にリンクされた画像をいれて入稿ください。
また、リンクをしない場合は、埋め込み配置をしていただき、ご入稿ください。

入稿の際には、必ず確認用のPDFまたは、キャプチャ画像を含めてご入稿ください。

確認用のPDFもしくはキャプチャ画像がない場合、
データ確認時に不足データやレイヤー構成などでミスが有ったなど、当社で気付けない場合があります。

入稿用データは複製を送付いただき、別途必ずバックアップをおとりください。

弊社にてデータの保管は行っておりません。
お客様からデータを要求された場合でも、お渡しできかねます。

デザインで肖像画、版権、著作権物を使用される場合は必ず権利者にご確認下さい。

印刷物や写真を使ってデザインされる場合、肖像画、版権、著作権等のあるもののご使用にあたっては、
弊社では一切の責任を負いかねますので充分にご注意ください。

弊社ではデータの修正・編集などは一切行いません。

申し訳ございませんが、トラブルの原因にもなりますので、原則としてデータの修正は致しません。
不具合が合った場合は、業務を一時中断し、お客様にご確認のご連絡をいたします。
お手数をお掛けいたしますが、データを修正し、再入稿をお願いいたします。

データが不完全な場合など納期が遅れる場合がございますので、ご注意ください。

2. Adobe Photoshopで画像データを制作する場合の注意点

対応バージョン Photoshop CC (Creative Cloud)まで

弊社ではPhotoshop CCにてデータチェックを行っております。
保存時は作成されたバージョンで保存してください。

CC 2014データでのご入稿だった場合、再入稿をご依頼することとなります。
CC 2014をご使用のお客様はバージョンをCCへ保存形式を下げて保存してください。

保存形式はEPS方式かPSD方式で保存してください。
データ編集時は必ずカラーモードをCMYKに変換して制作・確認をお願いいたします。

入稿データがRGBカラーの場合、CMYKカラーに変換し印刷いたします。
その際、モニター上での色と印刷した際の色の表現が大きく変わる場合がございます。

必ず制作時のカラーモードはCMYKにて制作し、使用色のカラー指定もCMYKになっているかご確認下さい。
当方ではこの場合、責任を負いかねますので充分にご注意ください。

画像の解像度は原寸サイズ350dpi以上でお願いいたします。

解像度が低いと印刷仕上がりが粗くなります。

印刷に使用する画像レイヤーはひとつに統合してください

レイヤーの表示非表示などで、印刷されないレイヤーがあったりトラブルの原因になる可能性ががあるため、印刷に使用する画像レイヤーはひとつに統合してください。
統合した場合、Photoshopは、フォントもラスタライズされるため、アウトライン作成は必要ありません。