名入れを超える、フルオリジナルボックスティッシュ販売サイト:宝箱

宝箱 ブログ

正しい衛生管理から始まる感染症対策を!

投稿日:

感染症予防

衛生管理は、様々な感染症対策の基本です。

新型コロナウイルスが猛威をふるう今を乗り切るためにも、
また今後いかなる感染症が流行したとしても、
衛生管理は覚えておかなければならないものですよね。

今日からでも遅くはありません!
いま一度正しい衛生管理の方法を身につけましょう。

正しい衛生管理とは?

 

正しい手洗い

①流水で手をよく濡らします。
②石鹸を適量取ります。
③手の平同士をこすり合わせるように泡立てながら洗います。
④手の甲を反対の手の平で伸ばすように揉み洗いします。
⑤爪や指先を反対の手の平にこするようにして念入りに洗います。
⑥両手を組むようにして指の間を洗います。
(※ここが1番洗い残しが多い部分なので丁寧に)
⑦親指を反対の手でねじり洗いします。
⑧手首も同様にねじり洗いします。
⑨すすぎ残しのないようにしっかり流水で洗い流します。
⑩清潔なタオルやペーパータオルで水気がなくなるまでしっかりと拭き取ります。
(※意外と手を抜いてしまいがちなポイント)

正しいうがい

①水を含んだら、まずは口の中を強めにゆすいで吐き出すのを2~3回繰り返します。
②次に水を含んで、上を向いて15秒程度ガラガラうがいを2回繰り返します。
手洗いうがい

正しいアルコール除菌の使用方法

ウイルスにはアルコール除菌が有効なものとそうでないものがあります。
・有効=エンベロープウイルス(新型コロナウイルス、インフルエンザなど)
・無効=ノンエンベロープウイルス(ノロウイルス、アデノウイルスなど)
※中にはノンエンベロープウイルスにも対応した商品も売られています。

このように、新型コロナウイルスにはアルコール除菌が有効ですが、
使い方によっては除菌効果が半減してしまうのです。
アルコール除菌

濡れた場所や物に対しては効果が著しく低下する

アルコールは、水分と合わさることで濃度が薄れるため、効果が著しく低下します。

濡れた手はしっかりと水分を拭き取ってから、
テーブルやドアノブなどを除菌する場合は濡れていない状態で
アルコールを吹きかけるようにしましょう。

アルコールの除菌効果は一瞬

アルコールの除菌効果は、吹きかけた瞬間~数秒が最も高いとされています。

逆に言うと、除菌効果は持続しません。
また吹きかけたらすぐに対象とする箇所に伸ばさなければ効果を発揮しません。

アルコール除菌は、手早くこまめに、また定期的に行うようにしましょう。

また、手指の消毒は以下の箇所に、念入りに行いましょう。
・手の平
・手の甲
・指先
・指の間

アルコール濃度に注意

アルコールの除菌効果は、その度数によっても大きく異なります。
大事なポイントを抑えましょう。

・最も効果が高いのは70~80%
・60%以上は消防法の保管料制限の対象となる
・50%程度の低濃度でも添加物などによって十分な除菌効果を持つものもある
・90%以上の高濃度アルコールはむしろ効果が弱まる

いずれにせよ、アルコールは「火気厳禁」です!
保管場所や使用の際には細心の注意を払いましょう。

新型コロナウイルスには「次亜塩素酸ナトリウム」が効果的?

除菌

アルコールの除菌が有効なものとそうでないものをお話しましたが、
アルコール除菌が無効なノロウイルスにも有効なのが次亜塩素酸ナトリウムです。

いわゆるキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を薄めて出来る液体ですね。

こちらは、様々なウイルスや細菌に有効でありますが、人体にも有害になり得る物質なので、
扱いには注意が必要です。

アルコールと違い手指や口に入るものに使用するものではありません。
テーブルやドアノブなど物に対する除菌に使用しましょう。

使用上の注意点は以下の通りです。

・十分な換気の元で扱う
・直接手に触れないように、また目に入らないように、吸い込まないようにする
・金属や布を腐食させてしまうので使用後は必ず流水で流すか水拭きをする
・酸性溶液とは絶対に混ぜない
・時間経過とともに濃度が下がる=除菌効果も下がるため数日で使い切る
ウイルス

皆さんは、正しい衛生管理についてどれだけ理解していましたか?

うろ覚えの知識で行っていたやり方は、
本来の除菌効果が得られない間違った知識かもしれません。

いま一度正しい衛生管理をしっかりと見直して、
新型コロナウイルスはもちろんのこと、
今後の感染症予防と対策に努めましょう!

「山積み」の光景が物語る異常事態とは?

投稿日:

山積み在庫

山積みとなった余剰在庫や、高額マスクの山積み販売、山積み商品の完売や欠品状態など・・・
新型コロナウイルスの影響により、全国各地で様々な異様な光景を目にするようになりました。

本日は新型コロナウイルスによって巻き起こっているあらゆる異常事態の中でも
「山積み」というポイントに焦点を絞って、お話を進めて行きたいと思います。

「山積み」の光景が物語る異常事態とは?

山積みとなった余剰在庫の行方

緊急事態宣言が発令されて以来、各所でイベント中止や臨時休業を余儀なくされる状況の中で、
あらゆる所で使うはずだった物や売るはずだった物が、
余剰在庫として山積みになっている光景を、テレビやネットで目にするようになりました。

例えば「全国梅酒まつり」の話をご存知でしょうか?
同イベントの中止に伴い行き先を無くした梅酒は、
200種類1万本以上にも及んだそうです。

その状況を何とかしようと実施したのは「福袋の販売」

これをTwitterで呼びかけた所、想像以上の反響を呼び、
当初準備したセット数はなんと1時間半程度で完売、
更に追加分のセット数を作ることになったという内容のもの。

上記は良い結果で終わった話ですが、
大量の余剰在庫の対処に頭を抱える団体・企業・店舗は
数え切れないほど存在しているのでしょう。

山積み販売

高額マスクが山積み販売されている?

一方で、新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以来
長いことずっと品薄状態(もしくは欠品状態)が続いているマスク。

主に中国からの輸入に頼ってきた品目ですが、
世界的にマスクの不足状態が続いている今、供給の回復はいつになるのか・・・
現在は卸値も売価も通常の10倍以上にもなっています。

そんな希少なマスクを山積みにして販売している店舗が、中にはあるんです。

それは、雑貨店や洋服店など本来マスクとは関連のないお店です。

元々これらのお店で売られている品物は主に中国産がメインであることから、
中国との独自のルートを保持していることが理由なのだそうです。

本来の価格よりも遥かに高額な山積みマスクは、瞬く間に売れているようですが、
まさに世の中の異常事態を物語る光景と言えますよね。

中国の供給状態も徐々に正常に近付いており、
品薄&高値状態が続くマスクも、
5月いっぱいで安定して来るのではないか?という見方もあるようです。

マスク

山積みだったはずのアレもコレも完売

スーパーやドラッグストアを訪れた人は、
すっからかんになった棚を見て驚いたことが一度はあるのではないでしょうか?

トイレットペーパーをはじめとする様々なデマによる買い占めや、
緊迫した日々の不安に煽られ必要以上の買いだめをする人々。

それによって、一時姿を消したトイレットペーパーなどの紙製品、
更にはカップラーメン、お米、シリアルなど様々なストック品が売り切れとなっていることが増えました。

納豆を食べれば新型コロナウイルスにかかりづらいと聞けば納豆が売り切れ、
ウォッカが消毒用アルコールの代わりになると聞けばウォッカが売り切れ・・・
しかも、どれも確かな情報ではなかったというのです。

冷静な判断が必要とは言われる中で、
あまりにも日常を逸脱した日々が続き
不安に煽られてしまうのも分からなくはない状況。

一日でも早く、平穏な日々が戻ってくることを願うばかりですね。

買い占めニュース

本日は「山積み」というキーワードを元に、様々な異常事態についてまとめてみました。

新型コロナウイルスは、身体的被害だけではなく、間接的で目に見えない被害をもたらす恐ろしい存在です。

気温も高くなり気が緩んでしまう時期となってきましたが、目に見えない敵に負けないように、
いま一度気を引き締めて乗り越えて行かなければなりませんね。

マスク不足で不安な日々を送っていませんか?

投稿日:

マスク不足
マスクがなかなか手に入らず、不安な日々を送っていませんか?
これまで 当たり前に購入できていた使い捨てマスクですが
新型コロナウィルスの影響で、あまりお店で見かけなくなってしまいました。
緊急事態宣言により、仕事を休業されている方 学校も休校中ということで
外出が減っている間は マスクを使用する機会が少ないですが、
今後、通勤・通学が再開されたときには毎日マスクが必要になってきます。
手元にマスクが無くなってしまう不安を解消するために、
今回は「使い捨てマスクの手洗いの方法」や「手作りマスクのすすめ」についてご紹介していきます。

使い捨てマスクは洗える!?

マスク ウィルス

使い捨てマスクを洗うことのメリット・デメリット

・メリット

使い捨てマスクを洗って使う最大のメリットは、
マスクが手元に無くなる不安が解消されることです。

・デメリット

一方で使い捨てマスクを洗って使うことにはデメリットも。
使い捨てマスクを洗うことで マスクの性能が落ちてしまいます。

使い捨てマスクの手洗いの方法

マスク 手洗い
【準備するもの】
・洗面器または桶
・水、または ぬるま湯
・中性洗剤(衣類用漂白剤も可)
・乾いたタオル

①洗面器または桶に水を入れる

②洗剤を入れて混ぜる

③マスクを入れ押し洗いする
→この時 もみ洗いすると繊維が傷ついたり
型崩れの原因になってしまいます。

④きれいな水ですすぎ洗い
→この時も押し洗いです。

⑤乾いたタオルに挟んで水分を取る

⑥しわを伸ばして 干す
熱に弱いためアイロンはNGです。

手作りマスクのすすめ

手作りマスク
使い捨てマスクを洗って再利用するのもいいですが、
おうち時間が長くなった今だからこそ
自分好みの手作りマスクを作ってみるのもいいですね。
生地は、定番のガーゼもおすすめですが、
ワッフル生地で作るのもおすすめです。
ネットにはマスクの型紙が無料で載っているので
自分で作りやすいタイプのものを選んでみてください。
お子さんがいらっしゃる方は、お子さんと一緒に
取り組んでみるのもいいかもしれません。
無地の生地もいいですが、素敵な柄の生地を使って
個性を出して オシャレを楽しむこともできますね。

まとめ

家族全員 マスク
今回ご紹介した内容は・・・
使い捨てマスクは洗って再利用できる!
手作りマスクで個性を出してオシャレを楽しもう!

ということでした。
手元にあるマスクの枚数が少なくなってきていたり、
買いに行ってもマスクが入荷していなかったり・・・
そんな日々の不安を 少しの手間で解消することが出来ます。
また、医療に従事してくださっている方々に
少しでも多くのマスクがいきわたるようにするためにも
わたしたち一人一人にできることをしてみませんか?

ゴールデンウィーク、おうち時間を楽しみましょう!

投稿日:

2020年ゴールデンウィーク
ゴールデンウィークは例年だと、旅行へ出かける方や
ふるさとへ帰省される方が多いかと思いますが、
2020年のゴールデンウィークは、
新型コロナウィルスの影響によって「ステイホーム」が要請されています。
できないことが増えている中、
この機会に、いままでできなかったことを始めたり
お取り寄せグルメで、おうち時間も楽しく過ごし
できることを増やしてみませんか?

ゴールデンウィークのおうち時間の楽しみ方

●断捨離や大掃除をしてみる

大掃除
年末に大掃除をされた方も多いかと思いますが、
ゴールデンウィークに家族で断捨離や春の大掃除に
チャレンジするのもおすすめです!
春は引っ越しや進級・進学などで
これまでの持ち物を見直す機会にもなります。
そこで外に出られない今年のゴールデンウィークを いいきっかけにして
スッキリした生活をスタートさせるのもいいですね!

●資格取得のための勉強をしてみる

資格 勉強
資格を取りたいなとは思っていても
多忙な日々を過ごしていると
なかなか始められなかったりしますよね。
今年のゴールデンウィークは未来の自分のスキルアップのため
いいきっかけになるかもしれませんね!

●写真を整理してみる

机の上 写真
これまでの日々撮り溜めていた写真を整理してみませんか?
懐かしい思い出やきれいな場所の風景を見返し
写真を整理しながら、少し先の未来の楽しみを
想像するのもおすすめです。

●お取り寄せグルメを堪能する

お取り寄せグルメ
ゴールデンウィークに行きたかった地域の
「ご当地グルメ」をお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。
全国には おいしいご当地グルメがたくさんあります。
いつかまた旅行計画を立てることが出来るようになることを夢見て
今年は自宅で旅行気分を味わってみませんか?

●オンライン飲み会をしてみる

オンライン飲み会
ゴールデンウィークに帰省して 友人と飲み会を企画していたけれど
中止になったという方も多いのではないでしょうか。
そこで 今年のゴールデンウィークは 「ZOOM」アプリを使って
パソコンやスマホで オンライン飲み会を開催してみてはいかがでしょうか。
リラックスして仲間と楽しめるので 飲みすぎにはご注意くださいね!

「できない」ことではなく「できる」ことに目を向けましょう

おうち時間
今年はわたしたちが今まで経験したことのない 状況が続いていて
できないことが増えています。
しかし、その中でも「これなら楽しめる!」や「できる!」
ということに目を向け 行動してみませんか?
できることを増やし、少し先にやってくる 幸せな未来のために
このゴールデンウィークは おうち時間を楽しむことが大切ですね。

オーバーシュート?クラスター?次々飛び交う専門用語を解説!

投稿日:

クラスター ロックダウン オーバーシュート

オーバーシュート?クラスター?
新型コロナウイルス大流行に伴い、
難しい用語が次々登場していますよね。

例えばこの2つの意味ですが、
・オーバーシュート=爆発的な感染増加
・クラスター=共通の感染源(人・場所・時間)を持つ5人以上の感染者集団
となります。

皆さんはこれらの用語の意味をどれだけ理解しているでしょうか?
新型コロナウイルスは今はもう誰もが他人事ではありませんね。
毎日のように飛び交う専門用語をしっかりと理解して
日々刻々と変わる状況に対応していけるように努めましょう!!

新型コロナウイルスの世界的大流行に関する専門用語

オーバーシュートとは?

オーバーシュートとは、簡単に言うと「爆発的な感染増加」といった意味です。
2~3日で累積感染者数が倍増するような凄まじい早さでの感染者数増加が、
継続的に続いている状況を表します。

クラスターとは?

クラスターとは、共通の感染源(人・場所・時間)を持つ
5人以上の感染者集団のことを言います。

更に感染者数が50人を超えた状態を
「メガクラスター」と言います。

濃厚接触・濃厚接触者とは?

濃厚接触または濃厚接触者とは、
感染者との距離の近さと共有した時間の長さなどを
総合的に見て判断したものになります。

判断材料として特に重要な要素は、
・マスクや消毒などの感染予防策をせずに手で触れ合うこと
・約2メートル以内で一定時間以上の接触をしたこと
この2つが挙げられます。

これらの状況が「大人数の間で」交わされるような環境は
感染拡大のリスクが更に高まると言われています。

ロックダウンとは?

ロックダウンとは、感染拡大の増加が著しい地域へ行う対策の1つで、
外出禁止や移動制限、施設の封鎖や活動の禁止などが挙げられます。

パンデミックとは?

パンデミックとは、世界的大流行のことで、
感染症が国境を越えて広がり、制御不能となった状態を表します。

孤発例とは?

孤発例とは、感染源が特定できない感染者のことです。
孤発例が増えると、気付かぬ内に負の連鎖が起こっている地域も増えるため、
オーバーシュートのリスクが高まることに繋がります。

基本再生産数とは?

基本再生産数とは、免疫が全く無い集団の中において
一人の感染者が生み出す感染者数の平均人数のことです。

また、実際にある時点で一人の感染者が生み出した感染者数の平均を
「実行再生産数」と言います。

ウイルス感染 イメージ

オーバーシュートを筆頭に頻繁にニュースなどに登場する用語をご紹介してきましたが、
みなさんはどれくらい理解していたでしょうか?

新型コロナウイルスの凄まじい威力によって
日々変わり続ける状況に頭も心もついていけない不安の毎日が続いています。

弊社でもフェイクニュースなどの影響で家庭紙全般の受注量急増する状況の中で、
工場の操業体制を変更する等全力で対応しておりますが、
弊社工場の生産量を大幅に超えた受注量の為、
商品供給が追い付かず、商品欠品の状態が続いております。

一日でも早くこの異常事態が収束し、穏やかな日々が戻ってくることを願うばかりです。

弊社に関しましても、事情ご賢察の上ご理解いただけますよう、何卒宜しくお願いいたします。